カードローン審査で虚偽申告発覚したらどうなる?

虚偽の報告をしてカードローンの申し込みをしたとすると、有印私文書偽造罪といって刑事罰の対象になります(大田区を太田区と書くようなケアレスミスはもちろん対象外)。
もっとも、嘘を書いたとしても審査中に判明して落とされるだけでしょう。
会社としては実害発生前なので、通報することはなさそうですが、実害があれば被害届が出されるでしょうし、プロ相手に虚偽が通ることは考えられないです。
審査が早いのは電子化されているからで、けしてズサンではないですから。
万が一、審査をくぐり抜けたとしても、判明すれば全額一括返済は確実で、借入停止でまともな会社はどこも利用できなくなってしまうという金銭の貸借は信用取引です。
むざむざ自分の信用に傷をつけることはやめてください。
みずほ銀行カードローンしたい時はどの金融会社を選択するがとても大切です。
借入時や返済時の条件が大事なことは勿論のこと、金融会社のサイトに記載された情報のみに基づいて決断すると誤った選択につながることもあります。
やはりどの金融会社にするかの決断には世間の評判も大事な判断材料ですし、口コミの内容もよく吟味して選択することが必要です。
少額のキャッシングをしたいけど、はてみずほ銀行カードローンの出来る最低の金額って、いくらぐらいからなんだろう、という方も多いのではと思います。
答えは一般的に個人融資のみずほ銀行カードローンで借入できる最低額は、1万円からとなっていますが、千円単位からでもカードローンができる金融会社もいくつかあります。
最近のカードローンの契約(申込)は以前より格段に早く済むようになり、まさに「スピード融資」と言えます。
いまなら借入に関わる一連の流れをインターネット上だけで済ますことができるweb完結というものも現れて、電子化の恩恵もあってか審査も早く、即日融資が当然になってきています。
免許証や収入証明類などの必要書類は、電子化してサイトからアップロードするか、メールに添付して送ります。