高速バス危険?

札幌から室蘭の高速バス路線は、北海道中央バスと道南バスが定期便を運行しています。
北海道中央バスは「高速むろらん号」で、道南バスは「高速白鳥号」という愛称です。
比較をすると、双方ともそれぞれ往復7便の運行で、札幌発は道南バスの「高速白鳥号」のほうが、室蘭発は北海道中央バスの「高速むろらん号」のほうが、時間帯の早い便が多い傾向にあります。
双方とも始点から終点まで乗ると、片道料金は2000円、往復料金は3750円になります。
サービスの違いを比較すると、北海道中央バスの「高速むろらん号」はICカードの利用が可能なことに対して、道南バスの「高速白鳥号」はICカードの利用が不可能であるといったところがあげられます。
札幌から室蘭の間の高速バス路線としては、ほかにも札幌と室蘭工大や室蘭大谷高校を結ぶ路線もあり、これも北海道中央バスと道南バスからそれぞれ運行されています。
この路線に関しては、北海道中央バスは「高速むろらん号」で愛称は通常の札幌室蘭間の便と変わりませんが、道南バスは「高速室蘭サッカー号」という名前で通常の「高速白鳥号」とは愛称が異なっています。
この路線も、北海道中央バス便・道南バス便ともに片道料金は始点から終点までで2000円で、往復料金は3750円となっています。
夜行バスの中でコンセントは使える?【安いバスは使えないって本当?】