主婦が住宅ローン審査の研究をしてみた。

フラット35というローンは、今とても注目を集めている住宅ローンです。

フラット35の様に、毎月の返済額が変わらないローンは安心ですよね。

フラット35は、35年間、毎月の支払額が変わらないというのが最大のメリットです。

フラット35に申し込みをすると、一般的なローン同様毎月同じ額の返済ができますので、今大変人気の住宅ローンです。

変わっているとはいえ、やはり支払い能力や信用問題は重点的にチェックされます。

住宅の価値を重視して審査を行います。

他のローン審査と違う点は、住宅の価値を重視する。

という所です。

担保として十分かどうか、という点を重視する。

という事です。

これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。

という方も多いです。

マイホーム購入がそろそろしたいと思ったとき住まいの融資を申し込む人がたくさんいると思います。

多くの銀行で申し込みができるのでせっかくなら評判を気にして選びたいところです。

その折に見ておきたいのがネットの口コミサイトです。

サイトでは、資金に関することのほか社員の態度やお店の雰囲気などまで細かく指摘し、さらに様々な面を星の数で表しているところもあり契約を良いものにしたい人には大変貴重な良い参考になるかと思います。

参考:主婦は住宅ローン審査に通らない?職業と収入基準は?【借りられる銀行】

住宅ローンを組む際、必ず加入しなければいけない保証会社があります。

その保険は、団体信用生命保険という名前のものです。

団体信用生命保険の内容は、ローンを組む世帯主に万が一の事があった場合、ローンの残額が無くなる。

という保険です。

これは残された家族がローンに困らない様にする為の特別処置です。

どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担というのが一般的です。

自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅を購入する事ができます。

マイホームを購入するという事は誰でも憧れる事だと思います。

ですが、マイホームを購入する際には必ず住宅ローン審査をしなければいけません。

現金一括で支払いが出来れば何も問題はありませんが現実的に見て、そういったケースは数少ないです。

ですから、銀行の住宅ローンを検討される方が多いです。

住宅ローンの審査はローン審査の中でも特別厳しいと言われています。

長い月日かけて支払いしないといけないので、審査に通らない方も出てきます。

審査に落ちる理由として一番大きいのが収入面の問題です。

住宅ローン審査を通過するには、最低でも300万以上の年収が基準と言われています。

ただ、それだけでなく、勤続年数や会社の規模なども重要な審査材料になります。

マイホームの資金繰りの役立つのは住宅ローンです。

ローン申請は、銀行等で受け付けています。

受付をするときは、銀行側に様々な資料を提出します。

35年という長い期間、多額の現金を貸す訳なので銀行の方も、年収・勤続年数にこだわり審査をします。

以上の事から、申し込めば確実に通る。

という風な単純なものではありません。

不可。

という場合もあり得ます。

よく見られる基準として、年収は300万以上・勤続3年以上が、第一段階クリアの基準と言われています。

家の購入で初めに思う事は資金をどうするか?という事ではないでしょうか。

多くの方は、銀行などから住宅ローンを申し込みすると思います。

ローンを申し込むときは、一番稼ぎがある方の名前で申請しなければいけません。

支払が生じる期間は人によっては35年もありますので銀行側も自分たちを守るための保険として団体信用生命保険の申し込みも進められます。

こちらは世帯主に万が一のことがあり、支払が出来なくなった場合借金がなくなる。

という保険です。

何年か後に、夢のマイホームを建てる計画をしている方は申請する際に火災保険に加入する必要があります。

家のローンも支払わなければならないのに、高いお金を払う必要があるのかと思う方も多いでしょう。

ただ、もしも火事に遭って家が無くなってしまった場合に少しでも節約するためといって加入しなければ、他の経費と合わせてこのローンも払っていくしかないのです。

万が一何かあっても対処できるように、申請していれば融資する側もあなたも負担がかからない最善の方法です。

ですので、万が一に備えてしっかり申請しておく必要があります。

家を買う時に誰もが頼るのが住宅ローンではないでしょうか。

申し込み方法はいたって簡単で職場や自宅近くにある銀行でも良いですし忙しい方はネットバンクなども利用してみると良いと思います。

加えて、不動産屋と協力している銀行にするやり方もあります。

申し込み後の審査に合格し、支払する時が来た場合10年間、控除を受けることができます。

その場合、会社で行われる年末調整では受付できないので確定申告で申告しなければいけません。

今後、自分の家を建てるために準備されている方で自分の家族にお金を出してもらい返済していく方は、少しでも贈与税について調べておくと安心です。

両親からお金をもらう時に一定の金額を超えると発生する税金で、例を挙げると年間で110万円を超えるお金をもらった場合、1割である11万円を税金として払う必要があります。

この金額を超えなければ、税金を支払わなくて良いのです。

またふとした時に親族からお金をもらう場合もあるので、返済をしっかりしていくためにも下調べが必要です。

これからかかってくる税金も合わせて調べておきましょう。

これから住宅ローンを組む予定のある方は、借入れ以外で必要な経費はいくらなのか把握しておきましょう。

全体の約10%が手数料としてかかるようです。

謳い文句にあるように低金利だからといって選んでしまうと、保証料や契約にかかる全ての費用をトータルで計算してみたら、さほど、安くなってなかったという事も十分あります。

そういう理由で、細かい費用も合わせて総合的にいくらになるかこれらを総合的に計算してみる必要があります。

具体的な例を挙げると保証料や繰上げ返済が無料の銀行は、それ以外で費用がかかる事もあるのでしっかり確認しましょう。